旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

北海道新幹線 はやぶさ

2016/12/29

北海道新幹線 はやぶさ E5系 前面 新函館北斗駅にて

北海道新幹線はやぶさです。新函館北斗から青函トンネルを経由して、新青森まで行きます。ただし、大抵の列車はそのまま東北新幹線に乗り入れていまして、盛岡仙台大宮上野東京方面に行きます。

北海道新幹線 はやぶさ E5系 シート側面

なので、車両は基本的に東北新幹線はやぶさと同じです。これは、普通車指定席のシート。グレーの落ち着いた感じです。

北海道新幹線 はやぶさ E5系 窓側にあるACコンセント

壁際にはACコンセントがついています。逆に言うと、壁際にしかついていないので、通路側の席では使えないのが欠点ですね。

北海道新幹線 はやぶさ E5系 シート背面

シート背面です。この車両はE5系と言って、JR東日本の車両なので、シート背面のポケットに入っている案内も、JR東日本仕様になっています。

北海道新幹線 はやぶさ E5系 JR東日本のエンブレム

JR東日本のE5系の場合、帯はピンク色で、鳥のマークになっています。つまり、「はやぶさ」というわけですね。

北海道新幹線 はやぶさ H5系 JR北海道のエンブレム

実は、E5系と同じ仕様でJR北海道の車両があります。H5系です。帯がパープルで、北海道のマークになっています。

北海道新幹線 はやぶさ 車窓から 運が良ければ津軽海峡が見えます

かつて、本州と北海道を結んでいたのは、津軽海峡線でした。津軽海峡線からは海が見える区間が結構あったのですが、北海道新幹線からはほとんど見えません。ただし、青森県内でよーく見ると見えます。

立席特急券 はやぶさ号

北海道新幹線はやぶさ号は全席指定席で、自由席はありません。このため、立席特急券と言って、指定席車両を自由席料金で乗るための切符が売られています。もっとも、この混み具合だったら、新青森新函館北斗間だったら立席特急券で十分だと思うのですが。

あわせて読みたい

津軽海峡線 かつて青函連絡船が走っていたルートは、JR北海道の津軽海峡線として、青函トンネルを経由して列車で直接結ばれました...
特急スーパー白鳥 青森駅に着いた、キューティー吉本。ここで、何を考えたのか、函館に行くことにしました。だってぇ、せっかくここまで来たんだし...
旅行記:小樽・札幌・留萌・函館・青森へ4泊5日で旅してきました その内容のまとめ... 今回の旅を思い立ったきっかけは、「増毛駅が廃止になるらしい」と聞いたからでした。そこで、留萌-増毛間を列車で行きたいと思...
旅行記:青森・浅虫温泉・函館へ2泊3日で旅してきました その内容のまとめ... 今回は、青森市内と浅虫温泉、函館へ2泊3日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。 1日目。ま...
函館駅 JR北海道の駅の中では、恐らく札幌駅の次に大きんじゃないかと思う駅、函館駅です。意外や意外、JR函館本線の単独駅...

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください