旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:石和温泉 薬石の湯 瑰泉

2017/11/05

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 国道20号線沿いの看板

石和温泉には温泉旅館が点在していまして、中には日帰り入浴を受け入れてくれるところもありますが、手っ取り早く日帰り入浴できる施設が、薬石の湯 瑰泉です。場所は、石和温泉駅から歩いて15分ぐらいのところ、駅前の通りをずーっとまっすぐ歩いて、国道20号線との交差点のすぐ近くにあります。

24時間営業で、入館料は大人2,100円、子供1,050円、土曜・日曜・祝日の深夜2:00時点で館内を利用していたとき、深夜料金1,000円が加算されます。フェイスタオルとバスタオル、館内着のレンタルが入館料込みになっています。

玄関を入ったら靴を脱ぎ、下駄箱に入れます。下駄箱の鍵と入館料をフロントに渡して、ロッカーの鍵を受け取ります。館内の施設は、ロッカーの鍵で精算できるシステムです。退館時にロッカーの鍵を渡して精算すれば、下駄箱の鍵がもらえるシステムです。お支払いには、クレジットカードや電子マネーが使えます。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 建物

大浴場は、内湯がサウナと水風呂、プール、気泡風呂、寝湯、イベント風呂。露天風呂がまるで池みたいに広い宝石風呂と、2~3人でいっぱいになりそうな檜風呂があります。

お湯はアルカリ性単純温泉で、無色透明です。キューティー吉本の体感温度的には、気泡風呂と宝石露天風呂が41℃~42℃、寝湯、イベント風呂、檜風呂が39℃~40℃ぐらいでした。

薬石の湯と称しているだけあって、大浴場にはあらゆる色の石が使われています。まず、サウナの下には薬石が敷かれています(見えませんが)。また、内湯の中で一番広い気泡風呂には、真ん中に薬石がでーんと置いてあって、ここからお湯が注がれています。一番すごいのは露天風呂で、普通の温浴施設ですと岩風呂になるところなのですが、ここは宝石の原石が使われています。さすが宝石の国、山梨県。キューティー吉本も、こんなお風呂見たことないです。

キューティー吉本が一番気に入ったのは、檜風呂。ここは湯舟が完全に檜造りです。気泡が出る仕組みになっていまして、さすがにそこは金属製ですが。とにかく、ここが気持ちいい。しかもぬるめのお湯なので、時間を忘れてのんびり、ゆったり入れます。

次に気に入ったのが、寝湯。寝湯の床に薬石が敷き詰められていて、薬石の間から気泡が出る仕組みになっています。しかも、仰向けになってはいるとちょうどいい感じに、床がカーブを描いています。ぬるめのお湯と相まって、これは気持ちいいですね。

しかし、一つだけ問題点が。ここ、お風呂入っている合間に休憩できるところが少ないんです。休めるところと言えば、プールの隣にビーチベッドが1つあるのと、檜風呂の隣に申し訳程度にスペースがある程度です。お昼寝できる場所があれば理想的ですが、それがないにしてもせめて椅子ぐらいは置いて欲しいですね。

サウナの温度は約90℃と熱めにしてあります。プールと言っても、泳げるほど広くありません。キューティー吉本の体感的には、水温25℃ぐらいでしょうか。サウナに入った後に身体を冷やすのにはちょうどいい水温です。ただし、座って入るにはやや深く、泳ぐには浅いのですが。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 お食事処で出てくる薬石の水

では、お風呂上がりの呑みです。お食事処に行くと、薬石の水を持ってきてくれます。これは、麦飯石とトルマリンで浄化した水が入っているそうです。なるほど、確かに普通の水よりもまろやかな感じがします。

ほうとう 石和温泉 薬石の湯 瑰泉にて

せっかく山梨県に来たんだからと、ほうとうを注文します。出てきたのはこれ。一人前にしてはやや大きめの鉄鍋が出てきました。

ほうとう 石和温泉 薬石の湯 瑰泉にて

中身はこんな感じ。かぼちゃを始めとして、にんじん、大根、ねぎ、白菜などのお野菜中心のほうとうでした。かぼちゃの甘みが強くて、これはうまいですね。欲を言うと、もう少しかぼちゃが多めで、だしがかぼちゃでクリーミーな感じになっていると完璧なんですけどね。

館内は大浴場と女性専用休憩室、お食事処、喫茶コーナーのほか、琉球漆喰の壁と琉球畳が敷き詰められたリラックス空間。室内はほんのりあったかくて、ここでまったりと過ごしたらサイコーですね。

リラックス空間のお隣が、蒙古火釜効果薬石ドームとなっていますが、早い話が岩盤浴と思っていただいていいと思います。炉で熱した岩盤が、決まった時間に炉から出てくる仕組みになっていまして、この岩盤のおかげで室温が岩盤浴並み(岩盤の近くはそれ以上)になります。

岩盤浴の先には、湯快の森と称する庭園がありまして、更に別館があります(どんだけ広いんだよ)。で、別館の1階にはお昼寝できる休憩室、別館の2階には貸切部屋があります。キューティ吉本は、呑みの後ここでお昼寝していました。

石和温泉 薬石の湯 瑰泉 玄関脇の看板 こちらも石造りでした

Healing Resort Spa KAISENという看板を裏切らない、すごくいい施設だと思います。ただ単にお風呂に入って終わりではなく、お風呂から上がった後も、色んなところでゆっくり、のんびり、まったり過ごせます。キッズスペースがないのですが、ここは家族連れではなく、あえて大人をメインの客層にしているためでしょう。この施設の中身を見れば、それも納得できます。

ここだったら首都圏から電車代を出してでも、行く価値は十分にあると思います。

↓お得な前売りクーポンをじゃらん遊び・体験で見る方は、ここをクリック
薬石の湯 瑰泉

あわせて読みたい

日帰り入浴レビュー:石和健康ランド... 石和温泉駅周辺には、瑰泉以外にも大規模な温浴施設があると聞いて行ってみました。クア・アンド・ホテル石和 石和健康...
日帰り入浴レビュー:ふじやま温泉 公共交通機関でふじまや温泉に行く場合、一番便利なのは高速バスです。各地から出ているみたいですが、首都圏だとバスタ...
日帰り入浴レビュー:つくば温泉 喜楽里 別邸... 再度行ってみました。目的はというと、前回行ったときにあんまり堪能できなかった、電気風呂。なので、今回はいきなり電...
日帰り入浴レビュー:天然温泉 平和島... どうやら圧注浴を直すのを諦めたみたいです。こうなると、元々クアハウスだった浴場の老朽化が著しく、大改装のついでに...
日帰り入浴レビュー:つくば温泉 喜楽里 別邸... 今日はちょっと訳ありでして、行きたかった日帰り温泉の条件が・・・ ボディケアがあること(ま、これは大...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください