カテゴリー別アーカイブ: 鹿児島県

旅行記:鹿児島・指宿・熊本へ3泊4日で旅してきました その内容のまとめ


今回は、熊本県と鹿児島県へ3泊4日で旅行へ行ってきました。その時のコースをまとめます。

1日目。鹿児島空港からバスで15分。日当山温泉 優湯庵(「ひなたやまおんせん」と読みます。)に行きました。なんと、お客さんはキューティ吉本一人。贅沢にも貸切状態でした。

再び鹿児島空港に戻り、バスを乗り換えて天文館通へ(ちなみに、ここが鹿児島市の繁華街なので、大抵の人は天文館通で降りていく)。天文館通をしばらくうろうろした後、鹿児島市電鹿児島中央駅に行きました。

キューティー吉本のお宿は、シルクイン鹿児島さんでした。鹿児島中央駅の近くにあります。ここの温泉が良かったですよ。

2日目。九州新幹線に乗ってみたいという、ただそれだけの理由で熊本県に行くことにしました。熊本駅では、くまモンがお出迎え。ちなみに、朝ご飯は鹿児島中央駅で買った黒毛和牛ステーキ重なる駅弁でした。

熊本駅からレトロな熊本市電に乗って、熊本城へ。旅したのが震災前でして、この熊本城も震災前の姿です。今では貴重な写真になってしまいましたね。

この後、熊本市内の繁華街を歩きます。熊本交通センターとセンタープラザが工事中で、閉鎖されていてびっくり。はて、今ではどんな姿になっているのでしょうか。

でもって、キューティー吉本はお昼ご飯を食べに、中通り商店街方面へ。ちなみに、えび天うどんでした。本当は馬刺しか熊本ラーメンが食べたかったんですけどねー。

更に熊本市電に乗って、水前寺成趣園へ。とにかく広くて、とっても立派な庭園でしたよ。中には、出水神社稲荷神社があります。

新水前寺駅からJR豊肥本線で熊本駅へ。更に九州新幹線で鹿児島県に帰ってきました。晩ご飯は、鹿児島の繁華街、天文館通で。虹家 鹿児島本店で海の幸を。いかなごが食べられて満足満足。

3日目。JR最南端を走る、指宿枕崎線に乗って指宿駅へ。日本の端っこを走るだけあって、ガチにローカル線です。しかも、指宿駅から先は便数が極端に減るという・・・

キューティー吉本が絶対行きたかったのが、砂蒸し。指宿温泉には、天然の砂蒸しがあるんですね。砂むし会館「砂楽」で、ちゃんと入ってきましたよ。しかし、夏の炎天下ゆえ、砂蒸しに入らなくても汗だくだっていう説も。

ここで鹿児島中央駅に戻るか、終点の枕崎駅まで行くか迷ったのですが、ここで引き返したら公開するぞと、枕崎行きを決断。JR最南端の駅、西大山駅です。列車はここで止まって、記念撮影ができる時間を確保してくれるんですね。

で、念願かなってJR最南端にある終着駅、枕崎駅に到着。駅舎こそ立派なのですが、ここって無人駅なんですよねー。

気分を変えて、帰りはバスで帰ることに。まだ時間があるので、まちの湯 ひとっ風呂に行きます。温泉かな・・・と思ったら、普通に銭湯でした。でも満足満足。

4日目。今日は鹿児島 市電・市バス シティビュー 一日乗車券を持って、鹿児島市内をお得に観光しようというわけです。この一日乗車券、なんと鹿児島 観光レトロ列車にも乗れるんです。この列車、ガイドさんが乗っていまして、約70分で鹿児島市内を一周するんです。はっきり言って、これはお勧め。

お昼ご飯に黒豚ヒレカツ定食を食べた後、桜島フェリーに乗って、桜島へ。乗船時間は約20分、日中は約15分に1本運行と、およそ列車並みのダイヤですね。

桜島に着いて、どこへ行こうかと迷ったのですが、まずは桜島 溶岩なぎさ公園へ。天然の遊歩道がありまして、桜島が火山なんだなーと実感できます。

桜島 溶岩なぎさ公園に足湯があるのですが、やっぱり温泉だったらどっぷり入りたいので、桜島マグマ温泉へ。なんと、鹿児島 市電・市バス シティビュー 一日乗車券は250円という、破格の安さ。しかも、施設は立派できれい。もちろんタオルは別なのですが、これはお得。

この後、カゴシマシティビューなるレトロなバスに乗って、城山公園 展望台に行きます。桜島が見える展望台には、人だかりができていました。

で、これが、城山公園 展望台からみた桜島です。これが見たくて城山公園 展望台に来たのですが、この後カゴシマシティビューが大渋滞にはまり、飛行機に遅れそうにになったのでした。また、かごしま水族館に行く時間がなかったのが残念でした。次回はぜひ行ってみたいと思います。

関西から鹿児島県へのJR+宿泊セットプラン


機内食レビュー:プレミアムクラスのお食事 鹿児島-羽田


前回広島空港から乗ったときに利用したのですが、便利だったので鹿児島から乗った時にも利用することにしました。ちなみに、鹿児島空港は比較的空弁が入手しやすいのですが、残念ながらこれは行ってみないとわからないので。また、夕方以降になると売り切れという可能性もあるので。(これは駅弁も同じことが言えるのですが)

プレミアムクラスのお食事 鹿児島-羽田 重箱がプラスチック製になっていました

小ぶりな2段重になっているのは前回と同じなのですが、重箱が紙製からプラスチック製に変わっていました。おそらく、重箱を再利用できるようにするためでしょう。また、重箱が深めになった代わりに、全体的な小さくなっています。これは、広げた時にある程度テーブルの空きスペースができるようにしておかないと、お味噌汁と飲み物を置くスペースがなくなるからだと思います。

プレミアムクラスのお食事 鹿児島-羽田 中身

今回のメインディッシュは、豆腐ハンバーグと西京焼きの焼き魚でした。その他、煮物類と卵焼き、かまぼこ、キノコのソテー、デザートが入っています。ご飯は見た目ちらし寿司っぽく見えますが、寿司飯ではなく普通のごはんです。どことなく煮物のスペースの割合が広くなったかなという感じはします。ふたがしてある紙コップは、お味噌汁です。

ネックなのが、お値段が1,800円すること。ただし、鹿児島羽田便は国内線としては飛行時間が比較的長く、2時間近くかかるので、やはり機内で間違いなく食事にありつけるのはありがたいと思います。

ちなみに、エコノミークラスでプレミアムクラスをお食事を付ける場合、ANAのWebサイトから事前予約が必要です。詳しくは、ANA MY CHOICEのサイトをご覧ください。

鹿児島市電


鹿児島市内も、路面電車が走ります。鹿児島市電です。

鹿児島市交通局 9500型 水族館口にて

運賃は、大人170円、子供80円です。後ろ乗り前降り方式で、後ろのドアから乗り、運賃は降りるときに支払います。ICカードリーダーがついているのですが、残念ながらSuicaやSUGOCAは使えません。また大人600円で一日乗車券を買えば、市電、市バスが一日乗り放題になります。

鹿児島市交通局 1000型 9500型 101型 鹿児島駅にて

運行系統は2系統ありまして、どちらも鹿児島駅前から桜島桟橋、水族館口、天文館通を通って、高見馬場へ行きます。高見馬場から分岐して、新屋敷、郡元、谷山まで行くのが1系統です。高見馬場を真っ直ぐ進んで、鹿児島中央駅前を通って郡元で折り返すのが2系統です。ちなみに、1系統の
終点の谷山は、日本最南端の電停なんだそうです。

鹿児島市交通局 1000型 鹿児島駅にて

鹿児島中央駅前方面から2系統に乗って、高見馬場で1系統に乗り換える場合(あるいはその逆)や、新屋敷・谷山方面から1系統に乗って、郡元で2系統に乗り換える場合(あるいはその逆)、乗り継ぎができます。最初の電車を降りるときに運賃を支払い、運転手さんに「乗り継ぎしたい」といえば、乗り継ぎ券をもらえます。次の電車を降りるときに、乗り継ぎ券を運賃箱に入れます。

鹿児島市交通局 1000型 7000型 101型 鹿児島駅にて

鹿児島市電には、観光レトロ電車が走っています。この写真は、鹿児島市駅前の電停に、2種類ある低床式車両と観光レトロ電車が並んだところです。これは、かなり珍しいそうです。


虹家 鹿児島本店


Happy Dining 虹家 鹿児島本店

鹿児島県というと、黒豚とか、黒毛和牛とか、肉系のイメージが強いんですけど、今回は鹿児島県でおいしいお魚系に行ってみたいと思います。

本日の地魚盛り合わせ 虹家 鹿児島本店にて

まずは、本日の地魚のお造り盛り合わせです。イカの姿造りも引かれたのですが、こっちの方が色々食べられていいかなということで。特にサバが脂が乗っていておいしかったです。

さつま揚げ 虹家 鹿児島本店にて

続いて、さつま揚げです。さつま揚げといってもいろんな種類があるのですが、これはごぼうが入ったさつま揚げでした。軽く炙っていただきます。

いかなごの刺身 虹家 鹿児島本店にて

鹿児島県では、いかなごをお刺身にして、酢味噌でいただきます。ただし、キューティー吉本は酢味噌がダメなので、生姜醤油で頂きました。これはこれでうまかったです。

いかなごの天ぷら 虹家 鹿児島本店にて

いかなごの天ぷらというのがあったので、頼んでみました。お刺身でも天ぷらでもおいしいとは思いますけど、青魚特有のくせがない分、天ぷらの方が食べやすいかも知れません。

松茸とはもの土瓶蒸し 虹家 鹿児島本店にて

最後に、これは鹿児島県と関係あるかどうかはわかりませんが、興味本位で頼んでみました。松茸とはもの土瓶蒸しです。まずは、盃におだしを入れていただきます。松茸の香りがたまりません。で、はもが淡白なので、この土瓶蒸しが優しいお味に仕上がっています。

その他、鹿児島県で有名なのが、芋焼酎。キューティー吉本もたっぷりいただいてきました。その代わり、次の日が大変でした。



黒豚ヒレカツ定食


鹿児島県に来たんだったら、やっぱり黒豚食べて帰らないとダメでしょう。キューティー吉本は、鹿児島中央駅で頂きました。

黒豚ヒレカツ定食 鹿児島中央駅にて

カツの割合が小さく見えますが、これはキャベツの分量が多いからです。とにかく、普通のとんかつよりも肉が柔らかくて、噛むたびにじゅわって感じでうまみが出てきます。ただ、揚げたてサクサクなのはいいのですが、衣がややしつこい感じで、体調が悪いときに食べると胃もたれするのがたまに傷ですか。

鹿児島中央駅も再開発が進んで、だいぶ商業施設ができてきました。しかし、在来線の改札内に、立ち食いそば屋さんが見当たらないのはなぜでしょう?