旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

特急しおさい

2015/05/20

JR東日本 255系 特急しおさい 前面 銚子駅にて

東京駅から総武本線を経由して、銚子に行くのがしおさいです。ちなみに、成田線経由で銚子方面へ行く特急あやめもあるのですが、便数は少なく、朝と夜しか走っていません。

JR東日本 255系 特急しおさい 側面 銚子駅にて

特急しおさいの停車駅は、錦糸町-千葉-佐倉-八街-成東-横芝-八日市場-旭-飯岡です(飯岡駅は、一部止まらない列車あり)。しかしこの列車、房総ビューエクスプレスと英語で書いてあるにもかかわらず、窓が小さくて、景色を楽しむという感じではありません。だからといって、スーパービュー踊り子みたく荷物の置き場に困るのも考え物ですが。

JR東日本 255系 シート 横から

あの手この手を使って指定席料金をぼったくろうとする着席ニーズに応えて指定席を主体にするJR東日本にあって、房総方面の特急は自由席が主体だったりします。キューティー吉本が乗った列車も、9両編成のうち、指定席車はわずか2両。うち1両はグリーン車です。思うに、房総方面へ行く列車は高速バスとの競争が激しい上、安房鴨川なり銚子なりから乗ればわざわざ指定席を取らなくても座れるため、指定席車を増やしにくいのかもしれません。

しかしこの座席、なかなかの座り心地でして、しかもなかなかスタイリッシュだったりします。しかも、足置きのバーもついているので、とっても快適だったりします。

JR東日本 255系 シート 後ろから

しかし、この座席には欠点がありまして、背面にテーブルがついていません。なぜかと言うと、テーブルは肘掛から出す仕組みになっているからです。肘掛式のテーブルって、座席を向い合わせにしてもテーブルが使えるというメリットがある半面、どうしてもテーブルが小さくなってしまうという欠点もあります。房総特急って海水浴客をはじめとする観光客も乗る半面、ビジネス客も多いはずで、ちょっとこのテーブルはいただけない感じがします。

JR東日本 255系 特急しおさい 肘掛収納式テーブル

なお、特急しおさいはこまめに停車していく反面、車内販売はありません。飲み物の自動販売機もないので、飲み物は事前に買ってから乗るか、単線の行き違いで停車時間が長めの駅で買うしかありません。車内販売がなくなるのは時代の流れなのかなとは思うのですが、だったら自動販売機を付けて欲しいと思います。

あわせて読みたい

特急わかしお さざなみ 東京駅から房総半島を結ぶ特急、わかしおとさざなみです。外房線を通って茂原、勝浦、安房鴨川へ行くのが特急わかしお、...
特急 踊り子号 今日は伊豆まで行ってきました。乗ったのはこれ。特急踊り子号です。 いや、これって特急草津号と同じ形じゃない...
京成電鉄 スカイライナー 北総線(成田スカイアクセス線)を経由して、上野から成田空港を最速で40分足らずで結ぶ、京成電鉄のスカイライナーで...
特急草津 これから草津温泉に行くので、上野駅から特急草津1号に乗ります。上野東京ラインが開通した後でも、この列車は上野発。...
特急草津 特急草津の車両が、いつの間にか新しくなっていました。といっても、昔特急ひたちだった電車が常磐線を引退して、特急草...

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください