旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:湯けむり天然秘湯 龍泉の湯

2019/12/08

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯 入り口

成田湯川駅から歩いて10分ぐらいのところに、日帰り温泉があるらしいと聞いて行ってみました。湯けむり天然秘湯 龍泉の湯です。

営業時間は9:30~24:00で、入館料は大人が平日880円、土・日・休日980円。子供500円です。シャンプーやボディソープは付いていますが、タオルは付いていません。フェイスタオルが200円、バスタオルが750円です。休日限定で手ぶらセット1,300円というのがありまして、入館料+フェイスタオル(販売)+バスタオル(レンタル)+館内着(レンタル)がセットになっています。(この記事の料金は、すべて内税)

玄関で靴を下駄箱へ入れ、自動券売機で入館券を買います。靴と入館券をフロントに出し、引き換えに番号の付いた札をもらいます。脱衣所のロッカーは100円リターン式で、空いているところを適当に使います。帰るときには、札をフロントに出すと下駄箱の鍵がもらえます。不思議なのがこの札でして、番号が書いてあるものの、この番号で館内の精算ができるわけではなく、お食事処は別会計、飲み物の自動販売機は普通にお金を入れて買うシステムです。これだったら、札の番号で精算する仕組みにして欲しんですけどねぇ。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯 建物全景

内湯が天然温泉の湯舟とサウナ、水風呂、電気風呂、ジェットバス。露天風呂が天然温泉の湯舟と壺湯(天然温泉)、高濃度炭酸泉です。温泉は黄色い色のお湯で、泉質は含よう素-ナトリウム-塩化物強塩温泉です。キューティー吉本の体感温度的には、天然温泉と壺湯が41~42℃、高濃度炭酸泉が38~39℃でした。

まずは、内湯の天然温泉に入ります。このお湯、入るとお肌がつるつるになります。続いて、サウナへ。10分ほどしたら水風呂に入ります。続いて、壺湯へ。ここは壺湯が全部で5つあります。この壺湯も天然温泉です。ただ、今日は寒かったからなのか、やや熱めのお湯でした。

ここで、休憩します。露天風呂に椅子が置いてあるものの、お昼寝できるスペースがないのが残念。

続いて、高濃度炭酸泉へ。一番人気はここでした(まあ、大抵の日帰り温泉はそうなのですが)。ただ、10分ほど浸かった後であがったら、ちょっと寒かったです。高濃度炭酸泉は、内湯に作った方が良かったかもしれません。

サウナ→水風呂の順に入った後、ジェットバスへ。ここのサウナは自動ロウリュウ機能が付いていまして、毎時0分と30分に自動的にロウリュウが始まるそうです。ただ、キューティー吉本がサウナに入っているときに作動することはなく、次行ったときのお楽しみということになりました。

・・・とここで、内湯の天然温泉の湯舟の一角に、誰かが必ず入っているところがあることに気づきます。一体何だろうと思ったら、ここが電気風呂であることが判明。キューティー吉本も入ってみたかったのですが、毎度いっぱいで入ることができず。これも次行ったときのお楽しみということになりました。ちなみに、2人まで同時に入れます。

蒸し鳥と葱のピリ辛ポン酢添え 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯にて

で、お風呂上がりの呑みです。お食事処は別会計で、お食事処に限りクレジットカードが使えます。

最初に頼んだのが、蒸し鳥と葱のピリ辛ポン酢添え。550円でした。ピリ辛というほどピリ辛ではなかったですけど、ビールにとっても合うのは確かですね。うまかったです。

あんこう 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯にて

続いて、季節限定メニューのあんこうを注文。750円でした。これは、あんこうの唐揚げでしたね。あんこうもおいしかったですけど、この衣の味付けが絶妙ですね。

アサリかまど飯 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯にて

〆は釜めしで。ここの看板メニューは釜めしらしく、色んな種類の釜めしがあります。その中から、あさりのかまど飯が千葉県らしいなと思いまして、頼んでみました。小鉢が3つと、この写真にはないですが味噌汁が付いてきます。で、釜めしの下には火がついていまして、「火が消えるまで蓋を取らないでください」と書いてありました。

アサリかまど飯 釜めしが炊けたところ 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯にて

「火が消えてから3分間蒸らして、良くかき混ぜてお召し上がりください」とのことでした。ちなみに、釜めしが出てきてから炊きあがるまで、およそ15分~20分かかります。

で、炊きあがったあさりの釜めしがこちら。あさりの風味がご飯にもしみ込んで、うまかったですよ。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯 看板

館内は1階がフロント、浴場、お食事処。2階が休憩室でした。休憩室にはリラックスチェアーが並んでいまして、リクライニングはするものの、足を伸ばすことができず。しかも、建物が吹き抜け構造になっているのが災いして、音が丸聞こえ。これでお昼寝はちょっと厳しい感じです。

↓お得な前売りクーポンをasoview!で見る方は、ここをクリック
湯けむり天然秘湯 龍泉の湯

まず、タオルなしで平日880円、休日980円は、スーパー銭湯的な使い方をするには高いのではと思ってしまいます。手ぶらセット1,300円は、これで1日まったり過ごせるのでは割安なのですが、ここで丸一日はちょっときついかも知れません。あと気になったのが、フロントの前も一応休憩スペースになっていて、テレビも置いてあるのですが、ここで休憩している人はあんまりいなくて、デッドスペースになっているのがもったいないと感じました。リラックスチェアーとマッサージチェアーを1階に持ってきて、2階はお昼寝スペースにした方がいいのではないでしょうか。

ただし、温泉とお食事処はとっても良かったです。後は、お風呂上がりの休憩スペースがもう少し充実していれば言うことなしです。また、場所柄、これから飛行機に乗る人、または飛行機に乗ってきた人で、成田空港の近くでお風呂に入りたい人にとってもいいかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください