カテゴリー別アーカイブ: 石川県

金沢駅前バスターミナル


JR北陸新幹線 金沢駅 兼六園口 鼓門 といっても兼六園までは大分遠いです

石川県って、なぜか知らないのですが、北陸3県の中で唯一、路面電車が走っていません。金沢市内の交通機関は、基本的にバスです。

なので、兼六園金沢城公園ひがし茶屋街にし茶屋街、21世紀美術館、尾山神社長町武家屋敷跡と言った観光名所や、近江町市場香林坊片町と言った繁華街も、金沢駅からは基本的には路線バスで、兼六園口のバスターミナルから発着します。頑張れば歩けるかもしれませんが、お勧めできません。

JR北陸本線 金沢駅 交通案内所 北鉄バス 1日フリー乗車券はここで買えます

金沢市内を走るバスは、北陸鉄道バス(北鉄バス)と、西日本JRバスの2種類があります。金沢駅を出てすぐのところに、バス案内所があります。ダントツに混んでいるのは北鉄バスの窓口でして、1日フリー乗車券を買う人の列ができています。

北陸鉄道バス 金沢駅前バスターミナル 7番乗り場 ひがし茶屋街方面に行きます

北鉄バスの乗り場です。大ざっぱにいうと、「ひがし茶屋街」「その他」という分け方です。なぜかというと、金沢市内の名だたる観光名所や繁華街の中でも、ひがし茶屋街だけ逆方向でして、バスの乗り場も分かれているというわけです。

ひがし茶屋街の最寄りバス停は橋場町で、橋場町へ行くバスは7番乗り場から発着します。

北陸鉄道バス 金沢駅前バスターミナル 6番乗り場 近江町市場、尾山神社、長町武家屋敷跡、21世紀美術館、兼六園下・金沢城方面に行きます

兼六園シャトルと言って、近江町市場尾山神社長町武家屋敷跡、21世紀美術館、兼六園金沢城公園へ行くバスが発着します。

近江町市場の最寄りバス停は武蔵ヶ辻、尾山神社の最寄りバス停は南町、長町武家屋敷跡の最寄りバス停は香林坊、兼六園金沢城公園の最寄りバス停は兼六園下・金沢城です。6番乗り場から発着します。

北陸鉄道バス 金沢駅前バスターミナル 8番乗り場 近江町市場、尾山神社、長町武家屋敷跡、香林坊、片町、にし茶屋街方面へ行きます

ただし、武蔵ヶ辻、南町、香林坊は金沢のメインストリートでもありまして、かなりたくさんのバスが走ります。3番、8番~10番乗り場のバスでも行けます。こっちのほうが観光客があんまり乗らないので、空いてて便利だったりします。

にし茶屋街の最寄りバス停は広小路で、8番乗り場から発着します。

北鉄バス 金沢周遊バス 金沢市内を一周する、観光に便利なバスです

北鉄バスは、基本的にオレンジ色の車体です。写真は金沢周遊バスで、金沢市内の名だたる観光地、繁華街を行く循環バスです。赤いバスが右回り、緑色のバスが左回りです。兼六園シャトルと金沢周遊バスも、北鉄バス 一日フリー乗車券で乗れます。

JR西日本バス 金沢駅前バスターミナル まちバス乗り場 近江町市場、尾山神社、長町武家屋敷跡、21世紀美術館、兼六園下・金沢城公園に行きます

西日本JRバスのまちバスの乗り場です。北鉄バスの兼六園シャトル同様、武蔵ヶ辻、南町、香林坊、21世紀美術館、兼六園下・金沢城に行きます。まちバスは土日祝日のみの運行で、一日フリー乗車券では乗れません。しかも、まちバスと経路がかぶる兼六園シャトルが、土日祝日のみ運賃100円です。

では、まちバスのメリットはというと、SuicaやPASMO、ICOCAが使える点です。なので、交通系ICカードをお持ちの方で、金沢市内を一日観光する時間がなく「兼六園に行って帰ってくればいいや」と思っている人にとっては、兼六園シャトルよりまちバスにした方がいいかも知れません。

まちバスは、青い車体です。一日フリー乗車券を買った人は、間違えて乗らないように気を付けましょう。

金沢駅 兼六園下口バスターミナル 主要観光地別バス発車案内

金沢市内のバスは結構複雑で、武蔵ヶ辻、南町、香林坊に至ってはあまりにもたくさんのバスがあるので、どの乗り場から先に発車するのかわかりにくかったりします。そこで、主要行先別の発車案内があります。

駅弁レビュー:金沢駅 みやこや 三彩


金沢 みやこや 三彩 外箱

金沢駅で、駅弁を買います。帰りの北陸新幹線で、晩御飯にしようというわけです。と言ってものど黒の塩焼きを食べたばっかりなので、駅弁でも軽めのものにします。三彩というお寿司です。950円でした。

金沢 みやこや 三彩 中身

この三彩というお寿司、いたって金沢らしいお寿司でして。弁当箱の半分が、金沢の名物でもある甘エビが、押し寿司になっています。しかも、金箔が散らしてあります。で、もう半分がカニとイクラのちらし寿司です。甘えび、蟹、いくらで三彩ということなのでしょう。

お味ですか? もちろんうまかったです。特にうまかったのは甘エビ。そもそも駅弁で、甘エビのお寿司が出てくるっていうのがあんまりないでしょう。握り寿司のネタとしては定番のはずなのですけどね。でもって、カニとイクラが入っていてこのお値段ですから、お得だと思います。




刺身屋 のど黒の塩焼き


金沢 近江町市場 刺身屋 店舗入り口

APAホテル金沢駅前で呑んでいた時から、どうにものど黒の塩焼きが頭から離れませんでして、せっかく金沢に来たんだから、のど黒の塩焼きを食べて帰りたい! というわけで、近江町市場に来ました。金沢に来て、近江町市場でご飯を食べるのって、これが4回目のような気がします。まあ、近江町市場自体が金沢市内の真ん中にあって、どこからでも行き易いというのはあるのですが。

冷奴 金沢 近江町市場 刺身屋にて

早速のど黒の塩焼きを注文すると、「焼き上がりまでに15分かかります」とのこと。待っている間に、冷奴でビールと行きます。

のど黒の塩焼き 金沢 近江町市場 刺身屋にて

・・・で、これがのど黒の塩焼きです。のど黒というのは、その名のとおり喉が黒い高級魚です。こののど黒の塩焼き、時価なのですが、今日は2,400円でした。大きさとしてはかなり小さいのですが、それでもこのお値段でして、いかに高級なお魚であるかがお分かりいただけるかと思います。

食べてみますと、これが絶品! まず、脂ののり方が凄い。身に箸を入れるとじゅわって感じで、脂がにじんできます。これを口に運んだら、とにかくうまい! いや、参りました。

近江町市場に行ったら海鮮丼を頼んでいる人が多いかと思います。ま、それはそれで金沢らしい海鮮丼が出てくるのですが、落ち着いて考えてみれば海鮮丼は首都圏でも簡単に食べられるわけで、首都圏じゃそう簡単に食べられない、のど黒を食べて帰る方が重要なんじゃないかと、キューティー吉本は思いました。


長町武家屋敷


金沢 香林坊界隈 水路が風情を感じさせます

金沢一の繁華街でもある香林坊のメインストリートから一歩奥に入ると、武家屋敷が点在する一角があります。長町武家屋敷跡です。

金沢 長町武家屋敷 武家屋敷跡野村家 全景

その武家屋敷跡の中でも、ひときわ大勢の観光客が集まっているのが、武家屋敷野村家です。

金沢 長町武家屋敷 武家屋敷跡野村家 玄関

野村家というのは、前田利家が金沢城に入城した際、直臣として仕えた野村伝兵衛貞家の家柄です。野村家の武家屋敷も、武家制度がなくなった後は菜園になったり住宅地になったりしたのですが、その一部が現在でも残っています。

金沢 長町武家屋敷 武家屋敷跡野村家に隣接する和カフェ

なので、本来の武家屋敷はずっともっと大きかったというわけです。隣接する駐車場や和カフェがある場所も、昔は野村家の武家屋敷だったのかも知れません。

金沢 長町武家屋敷 長町武家屋敷休憩館周辺 風情を感じさせる街並みです

長屋武家屋敷の町なかを、高田家跡がある方向へ歩いてみます。水路といい、塀の色遣いと言い、ここだけタイムスリップした感じです。

金沢 長町武家屋敷 長町武家屋敷休憩館

長町武家屋敷跡の真ん中あたりに、長町武家屋敷休憩館があります。ここで休憩できるほか、公衆トイレがあります。

金沢 長町武家屋敷 武家屋敷跡野村家周辺

この写真左側が、旧加賀藩士高田家跡です。景観を守るためか、橋のデザインも気を使っている感じです。

金沢 長町武家屋敷 武家屋敷跡野村家 玄関

ここが、旧加賀藩士高田家跡です。これは長屋門と言って、武家屋敷の特徴でもあるのですが、細長い長屋の真ん中に位置する門です。この門は、のちに復元されたものだそうです。

金沢 長町武家屋敷 武家屋敷跡野村家 庭園

敷地内に入ってみます。中には庭園がありまして、当時の面影を残していました。

長町武家屋敷の周辺には他にも、金沢市足軽資料館や長町友禅館、金沢久谷ミュウジアム、前田土佐守家資料館、金沢市老舗記念館などがあります。時間があれば行ってみたいですね。


尾山神社


金沢 尾山神社 大鳥居と神門

金沢市内にある大きな神社、尾山神社です。金沢駅からはバスで、最寄りバス停は南町です。また、金沢城公園近江町市場長町武家屋敷から歩いて行けます。

尾山神社は、加賀藩初代藩主前田利家公をはじめ、歴代藩主を祀った神社です。これが大鳥居と神門です。大鳥居はともかく、その後ろの神門が独特の形状ですね。

金沢 尾山神社 境内と拝殿

神門をくぐると、広い境内に、拝殿があります。

金沢 尾山神社 淋子紅梅

拝殿のすぐそばに、淋子紅梅があります。前田利家公が入城されて400年を記念して献木されたそうです。

金沢 尾山神社 菊桜

もともと兼六園に、江戸時代後期に京都御所から下賜されたと伝えられる菊桜がありました。この木は御所桜と言われ、昭和3年に国の天然記念物に指定されたのですが、残念ながら昭和45年に枯死したそうです。

この菊桜は、御所桜の枝を接ぎ木し、以降大事に育てられた木だそうです。

金沢 尾山神社 前田利家公像

前田利家公の像です。

金沢 尾山神社 お松の方座像

前田利家公の正室、お松の方の像です。こちらは大河ドラマ「利家とまつ」の放映を記念して建立されたものです。

金沢 尾山神社 庭園

境内は、かなり広いです。これは神苑といって、境内にある庭園です。

金沢 尾山神社 摂社 金谷神社

尾山神社の摂社、金谷神社です。摂社と言っても、かなり大きくて立派な摂社です。

金沢 尾山神社 摂社 金谷神社 御祭神

金谷神社には、加賀藩の2代目藩主以降、歴代藩主とその正室(夫人)が祀られています。その数はご覧の通りです。

金沢 尾山神社 東神門

有形文化財、東神門です。旧金沢城二ノ丸の門でして、宝暦9年(1760年)の大火でも延焼を免れたと言い伝えられています。