旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

花咲線

2020/10/31

JR北海道 釧路-根室 乗車券

JR花咲線は釧路根室間で、正確に言うと根室本線の一部です。キューティー吉本は釧路市内にお宿を確保しまして、釧路から根室までは花咲線で行くことにしました。

釧路から根室なんて、大した距離じゃないだろう。」

と思っていたのですが・・・

釧路市 北大通6交差点 根室まで124kmだそうです

ここで驚愕の事実が判明。これが釧路市中心部にある標識なのですが・・・

「え!? 根室まで124kmもあるの?」

首都圏だと東京安房鴨川ぐらいの距離。ひゃー さすが北海道。

JR北海道 キハ54形 釧路駅にて撮影

で、こちらが根室行きの列車です。正式名称は根室本線と、本線と名前にあるにもかかわらず、完全にローカル線です。たった1両で、ワンマンカーです。1日6本しかないので、乗り遅れ厳禁です。ただ、結構お客さんは乗っていました。

JR花咲線 上尾幌-尾幌 車内 列車は林の中を通ります

釧路駅を出ると、しばらくは釧路市の市街地を走ります。市街地を抜けると、列車は林の中を走ります。手元のスマホは、圏外! マジか…

JR花咲線 尾幌駅 駅舎 ガチに貨車駅です

さすがJR北海道のローカル線、駅舎が貨車になっている、通称 貨車駅が結構あります。また、ホームが木の板張りになっている駅もあります。写真は、尾幌駅です。

JR花咲線 門静駅 駅舎 かなり新しい駅舎です

そうかと思うと、すごく新しい駅舎もあります。写真は、門静駅です。

JR花咲線 門静-厚岸 列車は速度を落とし、海沿いを通ります

門静駅を過ぎると列車の速度が落ちまして、「景色をお楽しみください」とアナウンスが流れます。ここで、列車は海沿いを走ります。予想通りと言いますが、お客さんのうち大半は観光客でして(・・・てキューティー吉本も観光客ですが)、車内では写真撮影が始めます。

JR花咲線 厚岸駅 ホーム 駅名票 駅舎

列車は厚岸駅に到着します。ここでお客さんがパラパラと降りていきます。

JR北海道 キハ54系 車内 厚岸-糸井沢 列車は海沿いを走ります

厚岸駅を抜けると、列車はまた海沿いを走ります。湿原を抜けると、門静駅です。

JR花咲線 茶内駅 駅名票 モンキー・パンチの出身地なので銭形警部の看板が立っています

茶内駅です。浜中町はモンキー・パンチの出身地でして、駅にはルパン三世の看板があります。これは、銭形警部ですね。

JR花咲線 茶内駅 反対側の列車の待ち合わせを行います

茶内駅では、列車の行き違いのため、しばらく停車します。

JR花咲線 浜中-姉別 列車は牧草地帯の中を走ります

浜中町付近では、列車は草原・・・と言いますか牧草地帯を走ります。花咲線ではよく鹿が出没しまして、列車が急停車するケースがあります。

JR花咲線 厚床駅 駅舎 かつては標津線がここから出ていました

列車は、厚床駅に到着します。かなり新しい駅舎です。昔は、標津線との乗換駅でした。現在では、標津線は廃止になりました。

JR花咲線 別当賀-落石 列車は海沿いを走ります

列車は、別当賀駅に着きます。別当賀駅から、列車は海沿いを走ります。写真奥に海があるのですが、見えますでしょうか。

JR根室本線 西和田駅 駅舎 典型的な貨車駅です

列車は、根室市に入ります。写真は西和田駅です。見ての通りの貨車駅ですね。

JR花咲線 西和田-東根室 牧場には牛がいます

終点が近づいてきました。牧場には牛がいます。

JR根室本線 東根室駅 駅名票 ここが日本最東端の駅です

列車は、東根室駅に着きます。ここが日本最東端の駅です。ここで記念撮影のためにしばらく停車してくれるのかと思ったら、停車時間わずか。えーん、西大山駅(JR線最南端の駅)とか半家駅とかだったら、記念撮影の間、停車してくれたのに・・・

JR花咲線 根室駅 駅名票

列車は、根室駅に到着。釧路駅からおよそ2時間30分でした。普通列車の割に早く着いたのは、駅の数が少なく、ほとんどの駅で乗降客0だったからかも知れません。

事実、釧路駅から根室駅まで乗りとおした人が、かなりの割合でいました。この方々とは、この後の納沙布岬行きのバスでも一緒でしたから、まず観光客と見て間違いないでしょう。(・・・て、キューティー吉本も観光客なのですが)

JR北海道 キハ54形 シート 根室駅にて撮影

帰りの列車で遭遇した、このシート。これ、もしかして0系新幹線のシートの、モケット張り替えた奴じゃないですかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください