カテゴリー別アーカイブ: 長野県

湯田中渋温泉をぶらぶら歩いてみた


湯田中渋温泉郷 北志賀高原 志賀高原 案内図

湯田中温泉と渋温泉は町自体がつながっているため、湯田中渋温泉とまとめて案内されることもしばしばあります。最寄り駅は、長野電鉄の湯田中駅です。

湯田中温泉 これが温泉地だとは思えない光景です

湯田中駅から手前にあるのが、湯田中温泉です。で、その湯田中温泉の中を歩いているはずなのですが、とてもここが温泉地とは思えない光景が続きます。

湯田中温泉 この時期、桜が満開できれいでした

キューティー吉本が行った当時、ソメイヨシノが満開でした。雪山とのコントラストが、何ともきれいですね。

湯田中温泉 温泉旅館が見え、ようやく温泉地らしくなってきました

しばらく歩くと、ようやく温泉旅館が見えてきました。湯田中温泉の外湯も発見したのですが、入ることができず、先に進みます。

湯田中温泉 渋温泉へはこの坂を下ります

湯田中温泉を更に先に進むと、下り坂がありました。ここを下った先に、渋温泉があるみたいです。

渋温泉 石畳通りの入り口です

下り坂を降り切った先にあったのが、石畳の通りです。どうやらここが、渋温泉の入口みたいです。

渋温泉 石畳を更に歩くと、温泉地らしい光景が見えてきました

更にその先を歩くと、いかにも温泉地らしい旅館街が見えてきました。こういう通りを歩いてみるのも楽しいもんですね。

渋温泉の外湯もあるのですが、残念ながら宿泊客しか入れないそうです。

渋温泉 湯田中駅まで2.1kmあります

湯田中駅から、もう2.1kmも歩いてきたみたいです。ちなみに、ここは猿が温泉に入るという地獄谷にも近く、猿が出るそうです。

湯田中渋温泉 湯宮神社 桜が満開です

再び、湯田中温泉に戻ります。ここは湯宮神社だそうです。ソメイヨシノがキレイですね。

湯田中温泉 若さを創るアオヤキ・・・て、若さを感じないのですが

湯田中温泉で、なんともレトロなイメージのお店を発見。「若さを創る アオヤキ」って、売っている商品に若さを感じないのですが。

ちなみに、湯田中温泉にも外湯があるのですが、一般人は入れません。その代わり、湯田中駅前に楓の湯があります。


戸倉上山田温泉をぶらぶらしてみた


しなの鉄道線 戸倉駅 駅前広場と「歓迎 戸倉上山田温泉」の看板

戸倉温泉と上山田温泉は、町自体が一体になっているので、戸倉上山田温泉と呼ばれるケースがあります。しなの鉄道線の戸倉駅から歩いて20分ぐらいのところにあります。(行き方は、この記事をご覧ください)

戸倉上山田温泉 旅館街 人通りがなく、どこか寂しい感じです

それでは、旅館街に入っていきます。人通りはまばらで、どこか寂しい感じです。

戸倉上山田温泉 旅館街 どう見ても営業していないお店

廃墟となってしまった旅館こそ見当たらないものの、廃墟となった商店は結構いっぱいあります。ここも営業している様子は見えず、中は荒れ放題でした。

戸倉上山田温泉 旅館街 元々ここはタバコ屋さんだったのでしょうか

看板にうっすらと「たばこ」の文字が見えます。こちらも、営業しているとは到底思えず、中も荒れ放題でした。

戸倉上山田温泉 旅館街 今時ハイヤーって死語だと思うのですが

ここは恐らく営業していると思われます。しかし、「ハイヤー」って今時死語だと思うのですが。

戸倉上山田温泉 銀座通り 人通りは全くありませんでした

銀座通りなる通りを歩いてみます。こちらは、主に飲食店が立ち並びます。しかし、こちらも人通りはなく、どこか寂しい感じがします。

戸倉上山田温泉 足湯があるコンビニ

それでも、戸倉上山田温泉にはコンビニがちゃんとあります。しかもこのコンビニ、足湯がついています。

戸倉上山田温泉 山の手に見えるのは、元ホテルでしょうか

山の手にある大きな建物は、ホテルでしょうか。しかし、よーくみると屋上は雑草が生え放題で、営業しているようには見えない感じです。

動画を撮ってきましたので、よかったら見てくださいね。




手打ち蕎麦 大丸 更科とろろそば


手打ち蕎麦 大丸 店舗

善光寺に行ったところで、少し遅いのですがお昼ご飯にしたいと思います。善光寺への参道に、活けてる感じのお蕎麦屋さんがあったので、行ってみたいと思います。

手打ち蕎麦 大丸 店内

普通のお蕎麦と更級そばの2種類がありまして、更級そばは1,000円以上する上物。どっちにしようか迷ったのですが、ここはけちると後悔すると思って、更級そばを頼むことに。

更級とろろそば 手打ち蕎麦 大丸にて

しかも、とろろまでつけてしまいました。これで、1,100円です。

まず、キラキラと光る細麺が、食欲をそそります。で、食べてみると優しい感じの食感です。これが蕎麦であると主張せず、控えめな感じ。それでいてコシが適度にあって、のど越しも良く、これはうまいですね。

手打ち蕎麦 大丸 入口

しかも、このレトロな雰囲気がいいですね。こういう空気感で、しかも観光地だと、味は期待できないお店が多い中で、ここのお蕎麦はホントうまかったです。いや、さすが長野県ですね。




善光寺


信濃 善光寺 仁王門

長野に行ったら、ここへ行かないとダメでしょう。善光寺です。場所は、長野駅からバスで15分ぐらいのところにあります。バスの運賃は150円です。

善光寺大門のバス停からしばらく歩くと、仁王門が出迎えてくれます。現在の仁王門は、1918年(大正7年)に再建されたものだそうです。

信濃 善光寺 仁王門から山門までの参道

仁王門の先に山門があるのですが、参道にはお土産物屋さんや飲食店が立ち並びます。

信濃 善光寺 駒返り橋

駒返り橋です。源 頼朝が馬で参拝した際、ここで馬の蹄が挟まってしまい、ここで馬を返して歩いて参拝したという逸話が残っています。

信濃 善光寺 山門

山門です。重要文化財で、1750年に建てられたそうです。上層には仏間があり、文殊菩薩像や四天王像、四国八十八か所尊像が安置されているそうです。

信濃 善光寺 本堂

本堂です。中はかなり広いのですが、写真でお見せできないのが残念です。

信濃 善光寺 本堂

なので、もう少し近づいて撮影してみました。

信濃 善光寺 親鸞聖人像

親鸞聖人像です。浄土真宗の宗祖で、鎌倉時代に越後から東国への旅の途中で善光寺に参拝され、善光寺如来様の御前に松の枝を供えられたと言われています。

信濃 善光寺 濡れ仏

濡れ仏です。1722年(享保7年)に完成し、日本全国を行脚する巡礼者を供養するため、法誉円心が広く施主を募って立てたそうです。

信濃 善光寺 六地蔵

六地蔵です。輪廻を繰り返す6つの世界に現れ、迷いや苦しみから救ってくださる菩薩様です。右から順に、地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人界、天界の地蔵菩薩様です。

信濃 善光寺 大勧進

善光寺 大勧進です。

信濃 善光寺 旧如来堂跡地蔵尊

旧如来堂跡地蔵尊です。元々は、ここに本堂があったそうで、旧本堂の御本尊の如来様があった位置に建てられています。




湯田中駅前温泉 楓の湯


湯田中駅前温泉 楓の湯 建物外観

湯田中温泉には、入浴料を払えば誰でも入れる外湯があります。しかも、湯田中駅の真横にあります。湯田中駅前温泉 楓の湯です。

入浴料は大人300円で、タオルはついていません。フェイスタオルは160円で販売しています。靴を下駄箱に入れ、自動券売機で入浴券を支払い、フロントで入浴券を渡すシステムです。シャンプーとボディソープは、備え付けのものがあります。ロッカーは、100円リターン式です。

お風呂は、内湯と露天風呂。サウナと水風呂はありません。温泉は、ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉で、無色透明です。わからない人が入ったら、これが温泉だとは気づかないと思います。キューティー吉本の体感温度的には、内湯が41℃、露天風呂が40℃ぐらいでした。

まずは、内湯に入ります。結構な深さがありました。続いて、露天風呂に入ります。昔はここに打たせ湯があったみたいで、その残骸が残っていました。やや浅めのぬる湯で、これは気持ちいいですね。

湯田中駅前温泉 楓の湯 玄関

館内にはお風呂のほか、休憩室がありました。また、湯田中駅の真横にあり施設だけに、湯田中駅の時刻表もありました。

あの料金でシャンプーの備え付けがあり、しかも露天風呂まであるという、信じられない日帰り入浴施設でした。湯田中渋温泉にお越しの際は、是非お立ち寄りいただきたいと思います。


湯田中温泉 外湯


湯田中温泉 大湯 外観

渋温泉同様、湯田中温泉にも外湯があります。そのうちのいくつかをご紹介します。まずは、大湯です。

湯田中温泉 綿の湯 外観

続いて、綿の湯です。

湯田中温泉 鷲の湯 外観

名前が書いてなかったのですが、これは鷲の湯でしょうか。

湯田中温泉 滝の湯 外観

滝の湯です。

湯田中温泉 白樺乃湯 外観

白樺乃湯です。

湯田中温泉 外湯 扉には鍵がかかっていて、組員しか入ることができません

ちなみに、どの外湯にも扉には鍵がかかっていて、中に入ることができません。どうやら各外湯を管理している組が存在して、その組員でないと入ることができないみたいです。キューティー吉本も入ることができず、それ故コメントできないというわけです。

やはりここは有料でもいいので、観光客でも入れるようにして欲しいと思う一方で、マナーの悪い観光客がいるのも事実で、外湯の管理がボランティアベースになってしまっているのであれば、ごく限られた人しか入れなくても致し方ないのかなと言ったところです。