旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

特急サンダーバード しらさぎ ダイナスター

2016/05/01

JR北陸本線 683系 特急サンダーバード 前面

金沢駅を発着する北陸本線の特急が、サンダーバード、しらさぎ、ダイナスターです。近江塩津から湖西線に入り、京都大阪へ行くのが特急サンダーバードです。かつては特急スーパー雷鳥サンダーバードと随分長い名前だったのですが、いつの間にか短くなりました。

JR北陸本線 金沢駅 入線を待つ特急しらさぎ

滋賀県内もそのまま北陸本線を走り、米原・名古屋へ行くのが特急しらさぎです。こちらは、東海道新幹線から北陸方面へ行く乗客を意識したものです。北陸新幹線が開業してからできたのが、特急ダイナスターです。福井から金沢へ行く(あるいはその逆)区間特急です。このため、特急ダイナスターは朝と夜しか走っていません。

2016050103

この特急サンダーバード、しらさぎ、ダイナスター、どれもほぼ同じ列車です。違うのは側面のロゴぐらいです。これは、特急サンダーバードのロゴ。’THUNDER BIRD’と描いてあります。

JR北陸本線 681系 特急しらさぎ 側面 わざわざTHUNDER BIRDのロゴを消してあります

では、特急しらさぎはというと・・・無理やりロゴを消してあります。いや、そこまで無理して区別しなくても・・・。その他、帯が特急サンダーバードだと青1本なのですが、特急しらさぎは青とオレンジです。

JR北陸本線 683系 特急サンダーバード 側面 扉の横に号車番号が書いてあります

また、号車番号と「指定席」「自由席」「グリーン車」の表示は、扉の横についています。JR西日本の特急は大抵こうなっていまして、見やすくていいと思います。

JR北陸本線 681系 特急しらさぎ 車内

シートは号車によって色が違います。これは、赤系のシートです。

JR北陸本線 681系 特急しらさぎ シート側面

横から見ると、こんな感じです。JR発足してから間もなく登場した列車でして、ACコンセントはついていません。でも、座席は柔らかめで、座り心地はむしろ最近の特急より良かったです。

JR北陸本線 681系 特急しらさぎ シート背面 ACコンセントはついていません

シート背面です。もともと大理石調の色合いだったのですが、後から修理したのでしょうか。プラスチック地のままになっているところがあります。せめてどっちかに統一すればいいんでしょうが。

JR北陸本線 681系 特急しらさぎ 座席についているドリンクホルダー

カップホルダーは、肘掛けに収納されています。恐らく、座席を向かい合わせにしても使えるようにとの配慮でしょう。

一部の特急サンダーバードは、和倉温泉まで行きます。この特急サンダーバードとしらさぎ、ダイナスター。何と車内販売がありません。それどころか、自動販売機すらついていません。大阪から金沢だと結構の乗車時間のはずで、せめて自動販売機がないとまずいのでは?

特急しらさぎが金沢駅に入線する様子を、動画に撮ってきました。よかったら見てくださいね。

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください