旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の旅行ブログ。全部無料のe-Learning アイプラス(https://www.ai-plus.com)の店長やってます。

日帰り入浴レビュー:高崎 京ヶ島天然温泉 湯都里

2020/02/16

高崎 京ヶ島温泉 湯都里 建物外観

今回は、車で来ました。場所が関越道の高崎インターチェンジのほぼ真横にあるので、車で行くには便利なんですけどね。

鶏モモ肉の炭火くわ焼き 高崎 京ヶ島温泉 湯都里にて

車で来ているので、呑みはありません。で、最初に頼んだのが鶏モモ肉の炭火くわ焼きです。宮崎県で食べた鶏のもも炭火焼きに近いかな、と思ったらその通りでした。ただ、もう少し柚子胡椒があってもいいかなと思いました。

ざるそば 高崎 京ヶ島温泉 湯都里にて

続いて、ざるそばです。群馬県でおいしいのはうどんなのですが、ここは気にせずに蕎麦を注文します。でも、この蕎麦もまずまずうまかったですよ。

で、ご飯の後でお昼寝をしようと、仮眠室へ行ったら・・・

高崎 京ヶ島温泉 湯都里 フィットネスクラブ SPERESHへの通路

なんと、仮眠室があった建物が、フィットネスクラブに変わっていました。では、どこでお昼寝できるのかと思ったら、わずかではありますがマットが敷いてあるところがありまして。でもここはすぐお隣がゲームコーナーになっているので、うるさくて眠れずでした。

これだったら、マッサージ機が置いてあるところを、リクライナーチェアーの部屋にして、ここでお昼寝できるようにして欲しいです。ただし、座席数が足りるとは思えず、いっそ広い畳敷きのお部屋のテーブルを撤去して、マットを敷いてここでお昼寝できるようにして欲しいです。(事実、ここもみんな座布団を並べて、雑魚寝している状態)

お昼寝できるところがないとなると、スーパー銭湯と大して差はないです。それなのに、タオルレンタルなし・館内着レンタルなしで1,000円を上回る入館料を取られるんです。正直言って金額に見合っているとは思えず、しかも駅から遠くて行きにくく、今後この施設に行くことはないと思います。お湯はとってもいいだけに、残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください